バースデイバイク査定

人気記事ランキング

ホーム > ボクシング > ジャブを武器にしましょう!

ジャブを武器にしましょう!

ボクシングのパンチの種類の中で一番出しやすいのは?

ジャブですよね。

ボクシングしている人なら、誰に聞いてもそう答えると思います。

で、一番KOしにくいパンチは?

これもジャブですよね。

ストレートやフック、アッパーでのKOシーンは、

吐いて捨てるほど見たことありますが、

ジャブでのOKとなると、なかなか見つけることができません。

要するに、ジャブは、

打つのは簡単だけど、ヒットさせるのは意外と難しく、

ましてや、効かせるのは一番難しいパンチなんです。

そんなパンチだから、意外とみんなジャブを疎かにしていませんか?

ただなんとなく出していませんか?

捨てパンチにだけ使ってませんか?

ワンツーのワンとしてにだけ使ってませんか?

いろんな試合を見てきましたが、

ジャブを打てない選手はいないんですが、

その反面、

ジャブを武器にして試合を組み立てる選手も

ほとんどいないんです。

私の考えでは、

みんな、ジャブ以外のパンチに頼りすぎです。

ジャブでも、本当にちゃんと磨きあげれば一番の武器になるんです。

自分の体のメカニズムに合わせて、何も考えずにジャブを

出しているだけでは、クリーンヒットはしません。

とにかく、ジャブは“手打ち”を極めることです。

手打ちって聞くと、ボクサーならあんまり良い表現には

感じないと思います。それはなぜかというと、

ストレートやフックが体の回転を使うパンチだからです。

でも、ジャブはストレートやフックとは基本的にメカニズムが違います。

ジャブも体を使って打とうとするから、いろんな

無駄な動作が伴ってしまって、まともに当たらなくなるんです。

最近では、ノーモーションっていう用語が浸透していますし、

特にストレートではそれを意識している選手も多いです。

これはとても重要なことなのですが、実は、

ノーモーションを一番効果的に使えるがジャブであって、

ジャブをノーモーションで打つためのキーワードが、

手打ちなんです。

なんとなく、分かってもらえた方はセンスがいいと思います。

どういう意識で打つんだろうって興味持ってくれた方は、

スタートラインボクシングジムに一度、お問合わせや、

体験レッスンにお越しください。

大阪府岸和田市の地方のボクシングジムですが、

ボクシングの指導は本気でやっていますし、

受け売りではなく、ちゃんとした独自の理論で指導してますので、

よろしくお願いします。