バースデイバイク査定

人気記事ランキング

ホーム > 犬との暮らし > ブリーダーとの出会いの話

ブリーダーとの出会いの話

もう1年以上前になりますが、今飼っている愛犬との出会いの話です。

我が家のタンタとの出会いは、インターネットから始まりました。

どうしても可愛いポメラニアンが飼いたくなって、
近くのペットショップに行ってみたものの、希望の子が見つからず、
ネットでポメラニアンを探していたところ、めちゃくちゃ可愛い
ポメラニアンの写真が目に留まりました。

このサイトはペットショップのページではなく、全国のブリーダー
さんが、自分自身で子犬の写真を掲載していて、直接ブリーダーが
子犬を販売しているサイトでした。

京都府のブリーダーさんで、車でも2時間以内で訪問できる距離なので、
メールで問い合わせすると、すぐにブリーダーさんから電話が
かかってきました。

とてものんびりした話し方をする優しそうなおじさんで、電話での
話だけで、本当に動物を愛しているんだとわかったので、
お目当ての写真の子を見学に行く約束をしました。

当日は少し道に迷ったりしましたが、無事到着。

犬舎におじゃますると、クラシック音楽が流れていたのですが、
ワンちゃんへの癒しの意味を込めて、ずっと流しているそうです。

親犬を見せてもらうと、とても人懐っこくてすぐに私にも
近づいてきて、ぺろぺろと舐めてきてくれました。
そして、タンタを抱っこした瞬間、ビビッときました!
写真で見ていた以上の可愛さで、もう、トリコ状態です。

お母さんの母乳をたっぷりもらってるのか丸々と太っていて、
おめ目がまん丸で尻尾もぷりぷり振り回して、可愛すぎです。

今すぐにでも連れて帰りたいと思ったのですが、ワクチンや、
しつけなどの社会性を身につける日数などの関係で、すぐには
連れて帰れないので、予約金だけを納めてその日は帰ることにしました。

次回のお迎えのころには、トイレの躾もできるよにしてもらえる
そうで、やっぱりブリーダーってすごいなあと思いました。

このブリーダーさんは、ポメラニアンやトイプードル、マルチーズなどの
小型の室内犬を育てられていて、どの子もとっても可愛かったです。

続きは、次回に書きたいと思います。